門戸厄神東光寺2023年の初詣はいつまで?混雑や参拝時間は?屋台や口コミまとめ

門戸厄神東光寺イベント

兵庫県西宮市にある門戸厄神東光寺は、高野山真言宗別格本山で、
日本三大厄神に数えられる、有名で由緒あるお寺です。

厄除けだけでなく、学業成就でも有名で、毎年初詣には遠方からたくさんの
参拝者が訪れます。

そんな有名な厄除け、学業成就に、門戸厄神東光寺へ初詣に行こうと計画
をしている方に、正月の混雑状況や交通、駐車場、屋台等の情報を
まとめましたので、ぜひ参考にして下さいね。

門戸厄神東光寺2023年の初詣はいつからいつまで?

名称 :門戸厄神東光寺

日程 2023年1月1日(日)〜2023年1月3(火)

参拝時間:(元日)7:00〜18:00

大晦日は11時頃から夜中2時くらいまで
(参拝者の状況で時間がずれるかもしれません)

普段の参拝時間は9:00~18:00

※東光寺に直接問い合わせた情報です。やはりコロナの状況を危惧しており
状況次第で予定変更になる場合があります。(2022年9月現在)

予定変更があればお知らせします。

公式HP:門戸厄神東光寺

門戸厄神東光寺2023年の初詣の混雑状況は?

毎年、除夜の鐘が鳴る頃から参拝者がたくさん訪れ、午前0時の合図と
共に、参拝者が一斉に賽銭を投げ入れる光景を見ることができました。

ここ2年、コロナの影響で参拝者が減少していましたが、
行動制限が解除になった今、例年通りたくさん訪れる予想です。

特に大晦日と元日は混雑が予想され、1日は先着1000名に縁起物が
配られるので注意ですよ。

門戸厄神東光寺2023年の初詣の混雑を避けられる参拝時間帯はいつ?

大晦日、元日は混雑必至ですが、2日以降は混雑を避けられる予想です。

元日も15時以降なら幾分混雑を避けられるでしょう。

門戸厄神東光寺は普段から厄除のご祈祷で有名なので、3日以降も
土日を中心に結構な参拝者が訪れますので、余裕をもってお出かけ
してくださいね。

待ち時間は寒さが沁みますよね。

モバイルバッテリーにもなる充電式カイロは一つあると便利ですよ。

門戸厄神東光寺2023年の初詣の屋台はいつまで?

門戸厄神東光寺の正月三が日は、数件屋台が出ます。

東光寺に問い合わせた情報では、「今のところ屋台は出ると思います。」
との回答でした。

なにしろ、厄除け大祭の時は沢山の屋台が出るので、初詣も期待したい
ところです。

屋台とは別に、参道に厄除け饅頭が販売されていますので参拝の帰りに
ぜひ食べてみてくださいね。

門戸厄神東光寺の初詣に行った人の口コミを紹介!

良いポイント

・境内に、有名な厄神竜王の30mの大壁画があるので初詣の際は必見です。
※有名なデザイナーが描いた壁画をインスタにアップする人も。

・境内は広いので、混雑してもゆったりと参拝出来ます。

・男坂、女坂という別々になった階段があるので初詣の際にぜひ行って下さい。

悪いポイント

・専用駐車場はありますが、混雑します。
・車で来る場合、国道から出入りする道路が少し分かりにくいので、
注意が必要です。
・神社だと思って参拝する人がおり、手を叩く人がいますが気にせずに。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yayoi Udo(@yayoiudo)がシェアした投稿

門戸厄神東光寺2023年の初詣の駐車場情報と交通規制

無料駐車場情報

駐車場名時間備考
門戸厄神東光寺専用駐車場参拝時間に準じる収容台数60台

※元日は参拝者が多く、かなりの混雑が予想されますので注意して下さい。

有料駐車場情報

駐車場名時間料金備考
タイムパーキング門戸東町第324時間60分毎200円収容台数5台
タイムパーキング門戸荘24時間60分毎200円収容台数11台

電車でのアクセス

公共交通を利用される方は、阪急電車今津宝塚線、門戸厄神駅下車
徒歩10分です。

交通規制情報

お正月の交通規制はありません。
交通規制があるのは、厄除け大祭の1月18日前後です。

門戸厄神東光寺2023年の初詣のまとめ

普段から参拝者が絶えない、門戸厄神東光寺の初詣の情報をまとめましたが
いかがだったでしょうか。

厄除けや学業成就といったご利益、ご祈禱は、皆さん大切で身近なことなので、
普段から参拝する人が絶えないのも納得ですね。

ぜひ、今回の情報をもとに、新年の始まりに門戸厄神東光寺へ、
初詣に行ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました