西宮神社2023年の初詣はいつまで?混雑や参拝時間は?屋台や口コミまとめ

西宮神社 初詣イベント

兵庫県西宮市にある西宮神社は、「えびす様」がまつられている
神社の総本山です。

お正月の十日えびすに行われている「いちばん福」を目指して参道を走る
「福男選び」は、テレビで目にした方も多いのではないでしょうか?

西宮神社のお正月行事は十日えびすまで行われ、多くの参拝者で
賑わいをみせています。

西宮神社は、兄弟神といわれている、天照大御神・蛭児大神・須佐之男大神の
三神が祀られています。

この蛭児神(ヒルコの神)が「えびす神」の中でも一番古くから
語られている神様です。

とても広い境内には、天然記念物にもなっている「えびすの森」や、
神池という鯉の泳ぐ池には、登録有形文化財の瑞寶橋と嘉永橋が
かかっていたりと、見どころがたくさんあります。

福めぐりができるのでお時間のあるかたはぜひ!
西宮神社福めぐりマップ

また、「鯛みくじ」という一番人気のおみくじについている鯛の置物が
とてもかわいいです。

今回は、そんな西宮神社の、元旦から3日までの初詣の混雑の状況や、
屋台の情報などをまとめましたので、ぜひ家族みんなでお詣りに行ってみて
くださいね。

新年の良い思い出が作れますよ。

西宮神社2023年の初詣はいつからいつまで?

名称:西宮神社

日程:2023年12月31日(土)〜2023年1月3日(火)の予想
※昨年の日程は2022年12月31日(金)〜2022年1月3日(月)

参拝時間:
2023年1月1日は大晦日から21時
1月2日は5時〜21時
1月3日は5時〜18時となっています。

例年、年中行事として、
元旦の朝6時から新年を祝い、繁栄を願う「歳旦祭」、
2日の午前10時からは開運招福と商売繁盛を願い、西広場で
悪霊払いの力があるとされる鏑矢が放たれる「奉射事始祭」、
そして3日午前9時半より「元始祭」が行われます。

公式HP:西宮神社

西宮神社2023年の初詣の混雑状況は?

西宮神社 初詣 混雑

例年元旦は混雑する西宮神社の初詣ですが、ここ数年はコロナの
影響で屋台が並ばなかったり、初詣期間を長くして混雑を避けるように
行われていました。

とはいえ、元旦の午後まではやはり人出が多いようなので、
新年明けてすぐの暗いうちや、午前中にお詣りに行かれるときは、
はぐれたりしない様に気をつけてくださいね。

また、コロナの状況次第で今年は様子が変わってくるかもしれないので、
初詣に出かける前に公式のホームページなどでチェックしてみることを
おすすめします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

*_Re_i_na_*(@reeeeeina)がシェアした投稿

参拝の待ち時間は寒いので、寒さ対策はしっかりとしておきたいですね。

モバイルバッテリーにもなる充電式カイロは、一つあると便利ですよ。

西宮神社2023年の初詣の混雑を避けれる参拝時間帯はいつ?

元旦も夕方から21時の閉門までの時間は比較的お詣りが
しやすくなるようです。

さらに、2日からは朝のうちから空いているようですよ。
人出は多くても、ゆったりお詣りできるのは広い敷地だからでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

大路 誠(@makotooji)がシェアした投稿

西宮神社2023年の初詣の屋台はいつまで?

昨年のSNSの情報では、コロナ禍であったために、ほとんど屋台が
出ていなかったようです。

たこ焼き屋さんとベビーカステラのお店だけだったとか。

コロナの影響を受ける前は多くの屋台が出ていたようなので、
今年はその賑わいが戻ると嬉しいですよね。

境内にある「おかめ茶屋」さんでは、みたらし団子やミニたい焼き
と甘酒などが楽しめます。

鯉がたくさん泳ぐ神池を眺めながらゆったりお茶をするのもいいですね。

西宮神社の初詣に行った人の口コミを紹介!

良いポイント!

・色んな神様にご挨拶が出来て良かった。
・ゆったりと神聖な雰囲気が漂っていた。
・駅からも近くてお参りしやすい。

悪いポイント!

・十日えびすに行ったのですが、人が多過ぎて、入場制限されていた。
・十日えびすで行きました。人が多過ぎて子供達が小さいので途中で諦めました。

西宮神社2023年の初詣のまとめ

口コミを見ると悪いイメージは少なく、良い神社という印象の西宮神社。

ただ十日えびすはとても混みます。

さすが「えびす様の神社」です。

2023年の初詣は、なるべく混雑を避けて、家族や大好きな人と一緒に、
西宮神社へ新年のお詣りをしてみてはいかがでしょうか?

可愛い「鯛みくじ」も待ってくれていますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました