みつ海まつり~サンセットフェスティバル~2022年の日程は? 地元民が教える穴場スポット

イベント

みつ海まつり~サンセットフェスティバル~は、毎年7月に
関西随一の遠浅海岸で、自然の干潟が美しい「新舞子浜」で
開催されるお祭りです。

伝統行事「火揚げ」に続き、イベントのフィナーレを飾る、
音楽とコラボレーションした仕掛花火が真夏の夜空を彩ります。
なかでも、全長400mの仕掛け花火「ナイアガラの滝」が
一番の見どころです!

今回は、その「みつ海まつり~サンセットフェスティバル~」の
日程や穴場スポット、場所取りや駐車場情報についてまとめています。
ぜひ、ご覧ください!

みつ海まつり~サンセットフェスティバル~2022年の日程は?

名称:みつ海まつり~サンセットフェスティバル~

日程:2018年 7月 1日(日)、7月 15日(日)

※花火は7月 1日(日)
2022年は7月 3日(日)、7月 10日(日)と予想します。
※花火は7月 3日(日)     
決まり次第更新します。

打ち上げ場所:新舞子浜

打ち上げ時間:20:00〜21:00 (祭りは15:00~)

※雨天の場合、ライブショーのみ御津文化センターで実施

打ち上げ数:非公開

予想来場者:約1万人(2017年は約1万人の来場者でした。)

最寄駅:山陽電車「山電網干」駅

車でのアクセス:山陽自動車道龍野・龍野西インターから約25分

地元民が教える!みつ海まつり~サンセットフェスティバル~2022年の穴場スポットは?

花火が海上で打ち上げられるので、一番近くで迫力を楽しめるのは、
やっぱりお祭り会場になります。
会場後方には、建物や木などもあり、
遠ざかると見えにくでしょう。

しかし、会場の中でも近くで見ようと思うと
どうしても砂浜になってしまうので、
まだ歩くのがおぼつかないお子さんのいるご家族や
浴衣を着てきた方にはおすすめしません。

ここでは、会場と足場が砂浜でないスポットを紹介します。

① 場所名:新舞子浜周辺(たつの市御津町黒崎)

一言ポイント:会場から打ち上がる花火をすぐそばで見ることができます!

花火の迫力楽しみたい方や、海上花火の雰囲気を砂浜で見るのを
味わいたい方におすすめです!

トイレ情報:4か所あります。

備考:砂浜ですので、座って見たい方は
ブルーシートなど敷くものを持っていくのがおすすめです!

② 場所名:SUMMERHOUSEかもめ前道路

一言ポイントここは足元がコンクリートですので、
お子さま連れの方や浴衣の方におすすめです!

打ち上げ場所からも十分近いので花火もしっかり楽しめますよ!

トイレ情報:上記会場と同じトイレが使えます。

備考:この道は砂浜沿いをずーっと続いているのでどこからでも楽しめます。

みつ海まつり~サンセットフェスティバル~2022年の場所取りは必要?

前のほうで花火を楽しみたいと思ったら、
少し早めに行って場所取りが必要かもしれません。

シートを敷いて座って、開始まではステージのイベントを楽しみましょう!

また、穴場スポットとして紹介した、
SUMMERHOUSEかもめ前の道路でも見る人は多いです。

その道路でもいいところで楽しみたい方は
少し前から行って場所取りをするといいかもしれません。

ただし、ここはあくまで道ですので、
座って場所取りをすることは避けましょう。

みつ海まつり~サンセットフェスティバル~2022年の屋台情報

会場周辺に模擬店や露店など多くの屋台が建ち並びますよ。

御津町特産品のもぎたて焼きトウモロコシがおすすめです!

また、屋台のほかに注目なのが、「夏の雪まつり」です!

約6トンの氷を使って人工雪を降らせ、
雪のすべり台や雪山作り、雪合戦などで
自由に遊ぶことができるのです!

夏に雪遊びができるなんてレアですよね!
ぜひ楽しんでみてください!

みつ海まつり~サンセットフェスティバル~2022年の駐車場情報

お祭り会場に300台、また、臨時駐車場として
徒歩5分圏内に数か所解放されるようなのですが、
場所の情報が公開されていませんでしたので、
現地で警備員さんや看板などの指示に従って駐車してください。

解放されている駐車場は、すべて無料です。(約1000台駐車可)

場所柄、車で来る方が多いので
解放されている駐車場はすぐに埋まってしまうかもしれません。

なかでもお祭り会場の駐車場は一番人気で
18:30頃にはほぼ満車になるようです。

駐車場情報が発表されましたら、情報を更新します。

ここでは、万が一のために
近隣の有料駐車場を紹介します。

有料駐車場情報

駐車場名時間料金 備考
新舞子観光事業駐車場 8:00〜17:001日500円1000台駐車可能

みつ海まつり~サンセットフェスティバル~2022年のまとめ

いかがでしたでしょうか。

みつ海まつり~サンセットフェスティバル~
についてまとめてみました。

花火と並ぶメインイベントである御津町伝統行事「火揚げ」。

火揚げは新舞子海岸に立てられた5m以上ある巨大なたいまつに、
下から火のついたたいまつを放り上げ点火するものです。

巨大たいまつが無事に点火するとクライマックスの花火です!

見どころのナイアガラの滝の花火は西日本一番の規模で、
打ち上がるとナイアガラの滝の炎が一直線に伸び、
海面に映る花火の粉が迫力満点で幻想的です!

2022年はまだ開催されるかどうか情報が出ていませんが、
開催が決定した際には、伝統行事「火揚げ」と
西日本一番のナイアガラの滝の花火を
楽しみに訪れてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました