南京町ランターンフェア2022年平日・休日別混雑情報!期間や時間を徹底解説

神戸南京町 ランターンイベント

横浜、長崎と共に、日本の3大中華街の一つである神戸チャイナタウン、
別名南京町。

関西の台所とも言われ、多種多様なお店が立ち並んでいます。

この南京町一帯に、400個以上の中国提灯をつるしてイルミネーションを
楽しむイベントがあります。

クリスマスのイルミネーションとは少し違った中国らしい、
独特で幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

神戸ルミナリエの時期と合わせて、開催されています。

「東洋の光の祭典」とも呼ばれるこのイベントで、温かい光を見ながら、
素敵な思い出をお作りになってくださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ali(@h_ari1972)がシェアした投稿

南京町ランターンフェア2022年の平日・休日別混雑情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

MFx(@kobecityphotography)がシェアした投稿

平日の混雑情報

ここ数年、新型コロナウィルスのためか、空いていることが多いようです。

20時ころには閉店してしまうお店も多くあったようです。

空いていたのでとてもゆっくりランターンを観賞できた、という口コミが
多くありました。

混雑を避けるポイント

今のご時世、平日の混雑はそれほど心配ないようですが、
くれぐれも「密」に注意して、光の観賞をお楽しみください。

休日の混雑情報

かつては、かなり混雑していたといわれていますが、ここ数年は、
それほど混むこともないようです。

混雑を避けるポイント

夜は、ランターンの点灯直後に人が多く集まり、だんだん減っていくような
流れのようです。

点灯直後を避ければ、それほど混雑は気にしなくてもよさそうです。

南京町ランターンフェア2022年の注意すべき事?

街中なので、山の中の寒さなどとは違いますが、冬の夜なので、
それなりに防寒対策をした上で、お出かけになってくださいね。

防寒対策は万全でいきましょうね。

南京町ランターンフェア2022年の期間、点灯時間を徹底解説

時 期:2021年12月3日(金)~1月10日(祝)
※2022年はまだ発表がありませんので、分かり次第更新します。

点灯時間:16:00(日没後) 〜22:00頃

場 所:南京町広場付近

公式HP:熱烈歓迎!南京町
神戸公式観光サイト:2021年南京町ランターンフェア

電車のアクセス

JR・阪神電車元町駅から徒歩5分

シティループバス「元町商店街(南京町前)」で下車してすぐ

車のアクセス

阪神高速道路「京橋IC」下車、突き当りの三叉路を右折、その先突き当り(京橋南詰三叉路)を右折、国道2号線「京橋交差点」を左折して西へ。歩道橋のある「メリケン波止場前」交差点を右折、メリケンロードに入ります。そのまま北上すれば、左側に南京町があります。

南京町内は、車両通行禁止です。 

南京町ランターンフェア2022年の周辺駐車場情報

駐車場

有料駐車場情報

駐車場名時間料金備考
エビス元町カーポート8:00〜22:00通常料金
平日
20分毎200円
土日祝

30分毎300円
最大料金
1日最大
平日1600円
土日祝2100円
ランターンフェア会場から2、3分のところにあります。
トラストパークITB元町パーキング8:00〜22:00
金土は23:00まで
通常料金
30分毎300円
最大料金
1日最大
平日1100円
土日祝1400円
(ハイルーフは100〜200円料金アップ。)
80台駐車可
「駐車場の神様」で予約すると、最大料金が安くなります。
ハイルーフも可。
三宮駅前パーキング8:00〜24:00 通常料金
20分毎200円
最大料金
1日最大
平日1200円
土日祝2000円
58台駐車可
かに道楽、神戸サウナ&スパご利用で割引あり。

南京町ランターンフェア2022年のまとめ

南京町の冬の美しさを幻想的に描くランターンフェア。

クリスマスのイルミネーションも素敵ですが、中国風のランターンも、
何とも言えないホッとする雰囲気を持っていて、とてもいいですね。

ルミナリエを同時に楽しむこともできますね。

ぜひ、他の地域では味わえない、神戸のチャイナタウンの温かくて
美しい光を、大切な人とお楽しみになってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました