湊川神社2023年の初詣はいつまで?混雑や参拝時間は?屋台や口コミまとめ

湊川神社 初詣イベント

南北朝時代の武将「楠木正成」が神様として祀られている神戸市の湊川神社。

開運招福、厄除、家内安全、交通安全、夫婦良縁、情報業・
流通業繁栄、学業成就、商売繁盛のご利益があるとされています。

有名な武将であり、戦略家としての才があったとされる楠木正成を
祀っているからこそと言えるご利益ですね。

多くの「くすの木」に囲まれている境内は、都会の中にあるのに
自然を感じることができます。

境内には青銅製の狛犬や備前焼の狛犬、また日本最古オリーブ樹
など珍しいものも多くあります。

中央参道から本殿まで、石畳やスロープが整備されているので
車椅子やベビーカーでも通行できるようになっているので安心ですね。

湊川神社の初詣には、大晦日の夜からお詣りに訪れる方が多くいるようです。

新しい年があけるその時に、気持ちも新たにお詣りできることは
良いものですよね。

今回は、そんな湊川神社2023年の初詣の参拝時間や混雑の状況、
屋台についてなどをお伝えします。

ぜひ新春のお詣りの参考にしてみてくださいね。

湊川神社2023年の初詣はいつからいつまで?

名称:湊川神社の初詣

場所:湊川神社

日程:2023年1月1日(日)〜2022年1月6日(金)と予想します

2022年の参拝時間の日程は、
12月30日まで6:30~17:30
大晦日 6:30~元日22:00
2〜3日 6:30~21:00
4〜5日 6:30~19:00
6日以降 6:30~18:00 でした。
詳細が分かり次第更新します。

公式HP:湊川神社 初詣のページ

湊川神社の初詣2023年の混雑状況は?

湊川神社

大晦日の夜から元旦にかけてはやはり混雑しています。

新年早々のお詣りは、誰もが望むことなのでしょうね。

この時間に行くには、かなりの覚悟が必要になると思われます。

カップルやご夫婦と大きなお子様で行かれる方は、お詣りできるかと
思いますが、小さなお子様をお連れの方や、年配の方と一緒に行くので
あれば、やはり大晦日から元旦にかけての時間は避けた方が良いでしょう。

三が日まではどの時間帯も人が多いようです。

1月4日以降の夕方あたりになると人が引く時間もあるようですが、
7日になっても人で混雑しているというSNS情報もありました。

それほど人気の神社なんですね。

湊川神社の初詣2023年の混雑を避けれる参拝時間帯はいつ?

三が日が過ぎた日の午後からは、比較的お詣りにくる人が少なく
なるようです。

特に夕方が狙い目かもしれません。

またSNSなどで見ると、9日あたりからは「朝から参拝に来ても人が少なく
澄んだ空気が気持ちよかった」などの声がありましたよ。

湊川神社の初詣2023年の屋台はいつまで?

数年前のコロナの影響が出る前は、12月31日から1月3日くらいまで
200もの屋台で賑わっていました。

昨年はコロナの影響で、屋台は例年より出店数が大幅に減り、
食べ物も全て持ち帰りのみになっていたようです。

数は少なくなっていきますが、初詣の期間中は3日以降も屋台を
楽しむことができますよ。

焼きそば、わたがし、リンゴ飴といった定番から、たい焼きや
ケバブの屋台なども出ているようです。

なかでも福永商店のベビーカステラは湊川神社では外せない屋台です。

湊川神社の初詣に行った人の口コミを紹介!

良いポイント

・ 家族連れでも行きやすい
・入口付近から屋台が並んでにぎやか
・神戸駅、高速神戸駅からアクセスが良い
・周辺に駐車場が多い

悪いポイント

・参拝にくる人で混雑している

湊川神社の初詣2023年のまとめ

湊川神社 狛犬

湊川神社の初詣、いかがでしたか?

「楠公さん」として親しまれている歴史ある湊川神社は、地元の人は
もちろん、遠くからも多くの人が訪れるほど人気のある神社です。

こちらでの初詣が恒例になっている方などが多くおられるようですよ。

都会の中にありながら神聖な空気を感じられると評判です。

ぜひ大切な人と新年のお詣りに訪れてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました