2022年オリオン座流星群はいつ?方角や見える時間、流星のピークは?

くらし

オリオン座流星群は、10月にピークを迎える流星群で、明るい流星が多いのが特徴です。

夜中は寒いかもしれませんが、10月は過ごしやすくなってくる季節ですので、ぜひ、夜空を見上げて天体ショーを見てみませんか?

今回は、オリオン座流星群に調べてみましたので、ぜひご覧ください。

2022年オリオン座流星群はいつ?おすすめの日時

2022年のオリオン座流星群のピーク(極大)は、10月22日午前3時頃です。

2022年は、月齢も26と三日月の逆くらいの大きさになりますので、月明かりもあまり気にしなくて良さそうです。

総合的にみて、2022年オリオン座流星群を見るおすすめの日時は、以下になります。

極大を迎える前後の10月21日の22時頃から10月22日の明け方にかけて

極大前後の2日間、10月20日の22時頃から10月21日の明け方にかけて
         10月22日の22時頃から10月23日の明け方にかけて

上記がおすすめの日時です。

極大の日を挟んで、トータル3日間は流星が見えるチャンスですよ。

ぜひ、夜空を見上げてみてくださいね。

2022年オリオン座流星群が見える方角

放射点はオリオン座の中にありますが、流星群は放射状に流れますので、
結論から言うと、どこの方角を見ていても良いです。

極大の日は、新月に近い月が夜中に存在しているので、月明かりを避けて見上げると良いでしょう。

街明かりがある場合も、街明かりを避けて見てくださいね。

2022年オリオン座流星群の流星の数は?

かつて、1時間に100個ほどの流星が見られた時もあったようですが、近年では数十個と言うことが多いようです。

2022年も1時間に10〜30個程度との予想です。

近年流星の数は減っていますが、明るい流星が多いので、とても見応えがある流星群です。

オリオン座流星群について

オリオン座流星群は、毎年10月の下旬に活発となる流星群で、明るい流星が多いことが特徴です。

この流星群の流星群の母彗星は、有名なハレー彗星ですよ。

2006年と2007年に通常よりも活発な活動が見られたそうですが、その後は伸び悩んでいるようです。

今年はたくさんの流星が見られるといいですね。

2022年オリオン座流星群観測の注意点

10月下旬ともなると、夜中は寒いと思いますので、防寒対策が必要ですね。

お子さんも一緒に見る場合は、寝てしまった時のために、ブランケットなどの対策もいるでしょう。

レジャーシートに寝袋で寝転がってみたり、椅子に座ってみるとゆっくりと鑑賞できますよね。

寒くないように、温かい飲み物や、カイロ、手袋、マフラーなども準備があると安心ですね。

流星が見れると、大声を出したりしてしまうかもしれませんが、騒いだりせず、マナーを守って鑑賞できるといいですね。

2022年オリオン座流星群のまとめ

オリオン座流星群、いかがでしたか?

2022年は、1番おすすめの鑑賞日時は、10月21日22時頃から22日の明け方までとなります。

その前後の20日と22日も同様の時間帯で観測ができる可能性があると言うことで、2番目におすすめの日時になります。

季節的に夜中は寒いので、防寒対策をしっかりして、流星を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました