鹿嶋神社2023年の初詣はいつまで?混雑や参拝時間は?屋台や口コミまとめ

鹿嶋神社 チタンの鳥居イベント

鹿嶋神社は兵庫県高砂市にあります。

初詣には、例年三が日で11万人と、とても多くの方が参拝に訪れる
人気の神社です。

ご祭神の武甕槌命(たけみかつちのみこと)と、経津主命(ふつぬしの
みこと)は、「心を込めてお詣りするとその願いは必ずかなう」一願成就の
神様として、全国からたくさんの人がお参りに訪れる神社です。

拝殿でお参りをしてから、年の数だけ本殿裏を回って、竹の棒を置いていく
ことを繰り返す願掛けも有名ですよ。

鹿嶋神社のご利益は、勝負(受験)や安産などがあることで有名です。

全国の八幡神社の主祭神「応神天皇」の母である「神功皇后」が、
「鹿島大神(武甕槌命の別名です)」のご加護を願ってつけられた腹帯が
陸奥国の鹿島神宮に収められ神宝とされていることが、安産信仰につながって
いるのだそうです。

境内の「なずり願い石」には、「一願成就」、「病気平癒」、「開運厄除」、
「家内安全」、「商売繁盛」、「受験合格」の言葉が刻まれています。

叶えたい思いの文字の上(石の頭部)をひと撫ですると、願いが叶うと
いわれています。

そんな鹿嶋神社での初詣の混雑状況や、どんな屋台がでているのかなどを
まとめましたので、お参りに行かれる時の参考にしてもらえると幸いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@minomushipowerがシェアした投稿

(鹿嶋神社)の初詣はいつからいつまで?

名称:鹿嶋神社

日程:2022年12月31日(土)〜2023年1月15日(日)と予想
昨年は、2021年12月31日(金)〜2022年1月15日(土)でした。

時間:終日参拝できるようです。

大晦日には、新年を迎えるにあたり昨年の罪やけがれを払い落とし、
神殿の前で新しい年が良い1年となるように願う「除夜祭」があります。

そして元旦には「歳旦祭」が執り行われます。

本殿横には、灯明と香を焚く舎があります。

神前で香を焚いて灯明をあげる慣わしのある神社なので、多くの方が
線香を焚いてその煙が舞っています。

公式HP:鹿嶋神社

鹿嶋神社2023年の初詣の混雑状況は?

1月4日までは朝早い時間でも混み合っていて、駐車場も車を停めるために
渋滞していますし、参拝するまでの行列もできています。

本当にたくさんの人で賑わっていますので、小さなお子様とはぐれないよう
気をつけて下さいね。

鹿嶋神社2023年の初詣の混雑を避けれる参拝時間帯はいつ?

比較的空いてくるのは、日が暮れた後のようです。

また、5日以降になってようやく人の流れが落ち着いてきて、駐車場にも
すんなりと停められた、という方がいらっしゃいます。

ですが、ここ数年は分散参拝が呼びかけられていることや、人混みを
避けようと遅めの初詣に行かれる方も多く、10日頃でも日によっては
混雑しています。

それほどの人気があるということですよね。

お正月期間中は、普段は無料の駐車場が有料(500円)となりますので
ご注意くださいね。

鹿嶋神社2023年の初詣の屋台はいつまで?

鹿島神社の初詣では、屋台もたくさん出てますよ。

焼き鳥、牛串、唐揚げ、ベビーカステラに焼きそば、たこ焼きなどなど、
美味しそうなお店が大鳥居から本殿までズラーっと並んでいて楽しそうです。

15日まで出店しています。

また、名物である「かしわ餅」のお店が参道脇に並んでいるのですが、
参拝後に買って帰られる方も多いようです。

鹿嶋神社の初詣に行った人の口コミを紹介!

良いポイント

・いつ来ても心が落ち着きます。御朱印もとても素敵で、ありがたいです

・初詣は山頂からがおすすめ。

・毎年ここで初詣してます!

悪いポイント

・駐車場が満車でなかなかたどり着けません。

・お正月は参拝客でいっぱいです

・もっとすんなり参拝できるように駐車場管理を行うべき

・破魔矢・御札・お守りの3点を返しに行ったが、社務所の方が預かるのでは
なく、返却専用の箱等を設置してもらいたい。

鹿嶋神社2023年の初詣のまとめ

鹿嶋神社の初詣、いかがでしたか?

神使いである鹿の像や、鹿嶋大神や一願成就の石碑など、境内には
見どころも多くありますので、ぜひご覧になってきて下さい。

なかでも「招福の玉」は、玉を撫でると幸福を呼ぶと言われています。

なによりチタン製の巨大鳥居は見ものですよ。

初詣の時期は寒いので、マフラーなど防寒対策はしっかりとしていきましょう。

モバイルバッテリーにもなる充電式カイロは、一つあると便利ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました