映画【余命10年】あらすじとネタバレ!実際に観た感想をレビュー

エンタメ

公開前から話題だった、映画余命10年。
CMでは、観た人みんな号泣していましたよね。

@2022映画『余命10年』製作委員会

公開されたら絶対に観ようと決めていた作品。
今回、公開日に鑑賞してきました。

余命が長い分、いろんな要素が詰まっている映画でした。
色々と考えさせられる、とっても良い映画だったとおもいます。

余命10年のあらすじ、ネタバレを含みますが、実際に観た感想をレビューしたいとおもいます。

観てみたい方の参考になればうれしいです。

※ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

※3月15日追記:映画余命10年を劇場に観に行かれた方に、3月19日から限定プレゼントが開始されます。詳細を追記しましたので、確認してくださいね。

映画余命10年のあらすじ

数万人に一人という不治の病で余命が10年であることを知った二十歳の茉莉。彼女は生きることに執着しないよう、恋だけはしないと心に決めて生きていた。 そんなとき、同窓会で再会したのは、かつて同級生だった和人。 別々の人生を歩んでいた二人は、この出会いをきっかけに急接近することに——。 もう会ってはいけないと思いながら、自らが病に侵されていることを隠して、どこにでもいる男女のように和人と楽しい時を重ねてしまう茉莉。 ——「これ以上カズくんといたら、死ぬのが怖くなる」。 思い出の数が増えるたびに失われていく残された時間。二人が最後に選んだ道とは……?

引用:@2022映画『余命10年』製作委員会

茉莉は余命10年を宣告されてから、誰かを好きにならないと決めていました。
しかし、和人と出会って、人を愛することを経験します。

一緒の時間を過ごしていく中、自分の病状が悪化する前、一緒にスノーボードの旅行に行きます。その時に余命10年であることを伝え、別れを告げます。
和人は聞いた直後は、「いやだ、ちゃんと治療をすれば治るんじゃないの?」と拒否しました。でも、茉莉の説明に、最終的には受け入れます。
そして、お互いに別々の時間を過ごす決断をしました。

和人と別れた後、茉莉は自分と和人の日々を「余命10年」というタイトルの小説にして書いていきました。
そして、茉莉は小説「余命10年」を書き上げ、沙苗が書籍にする準備を始めます。

その頃、和人は自分の店「まつり」を開店します。
そこへ沙苗とタケルが開店祝いに駆けつけます。
沙苗が、「開店祝いだからお店が終わったらみて」と茉莉の小説を渡します。
お店を閉店し、手伝ってくれていたげんさんが帰ったあと、開店祝いを開けます。

そこには、茉莉の想いが詰まった小説「余命10年」が入っていました。
小説を読み終え、和人はいてもたってもいられなくなります。

そのまま、和人は自転車をこいで茉莉の病院へいきます。
その時茉莉は危篤になっていました。

和人は駆けつけると茉莉の手を握り、「よくがんばったね」と声をかけます。
その時、茉莉が目を開けたのです。そして笑顔を見せました。
これが、2人の最期のシーンでした。

お葬式のシーンはなく、茉莉が持っていたビデオカメラで桜の木を撮影していた和人は、最初に2人で桜を観た時と同じ突風に見舞われました。
和人は思わず笑顔になる。そんなシーンで映画は終わりました。

原作の最後とは異なります。
原作も知りたい方は書籍がおすすめですよ。

映画余命10年の感想

余命10年は、一言では言い表せない、いろんなことを考えさせられる映画でした。

若くして余命宣告を受けた茉莉の心の葛藤、茉莉を取り巻く家族の気持ち、心の葛藤がとても奥深く表現されていました。
とっても重みのある内容の映画でした。

自分が茉莉の立場だったら、10年という時間をどうやって恐怖心なく、充実させて生きられたかなとおもう反面、それだけの長い時間をどうやって恐怖と付き合っていくんだろうと怖くなったのも事実です。原作者の小坂流加さん本人は、他の人には想像がつかないくらい怖かったんだろうなとおもいます。

年齢的には、母親の立場でも観てしまいましたが、娘が生きていく姿をどう支えていくのか、どう接していくのか、本当に難しいんだろうなとおもいました。家族だからこそ話せないこともあるだろうし、映画では表現されなかったいろんな辛いことがあったんだろうなと想像します。

恋愛をして、相手を好きになればなるほど、死にたくない気持ちは大きくなるだろうし、それとは裏腹に進んでいく病状に気持ちがついていかなかっただろうなとおもうと、本当に切ないですよね。

別れを選んでもなお、お互いをおもい続ける茉莉と和人の気持ちの経過も感慨深いものがありました。

一つの病気を通して、1人の人間のストーリーがあります。
どう生きてどう死んでいくのか、自分が後悔しない人生を送るためにどうしないといけないかを考えないといけないなと感じさせてくれる映画でした。

少なくとも私は、何気ない日常が当たり前ではないことを、思い出させてもらったなとおもいます。

映画余命10年キャスト

監督:藤井道人
高林茉莉:小松菜奈(肺動脈性肺高血圧症という難病を発症し、余命10年を                 告げられた主人公)
真鍋和人:坂口健太郎(茉莉の恋人)

茉莉の父高林明久:松重豊(茉莉を何も言わず見守っている父親)
茉莉の母高林百合子:原日出子(病気の告知の時、茉莉より先に泣いてしまったことを後悔している母親)
茉莉の姉高林桔梗:黒木華(茉莉が少しでも長く生きられるよう模索している姉)
藤崎沙苗:奈緒(茉莉の大学の同級生で出版会社に勤務している)
富田タケル:山田裕貴(茉莉の中学の同級生)
梶原玄:リリーフランキー(和人が勤めている焼き鳥屋の店主)
平田先生:田中哲司(茉莉の主治医)

映画余命10年見どころ

@2022映画『余命10年』製作委員会

余命10年を宣告され、恋愛はしないと心に決めていた小松菜奈演じる茉莉と、生きる意味を失っていた坂口健太郎演じる和人が出会って、それぞれの気持ちの変化と、お互いに大切な存在になっていく過程が心に響きます。

小松菜奈さんは減量をしつつ、1年間の四季を通した撮影に臨まれたようです。
四季を通して、茉莉、和人、タケル、沙苗がさまざまな経験を重ねながら、かけがえのない時間を過ごしていくその過程もまた、何気ない日常の大切さを表現していて、涙を誘うとおもいます。

最期の場面では、原作とは異なる感動のラストでした。

この映画を通じて、生きるとは何か、何気ない日常の大切さ、人と人との繋がりなど、感じ取れるものがたくさんあるとおもいます。
それぞれが場面場面を通して、そのことを感じ取ることが最大の見どころなのではないでしょうか。

映画余命10年作品情報

公開日:2022年3月4日

原作:小坂流加「余命10年」文芸社文庫NEO

監督:藤井道人

脚本:岡田惠和、渡邊真子

主題歌:RADWIMPS「うるうびと」

キャスト:小松菜奈、坂口健太郎、山田裕貴、奈緒、松重豊、原日出子、黒木華、田中哲治、リリーフランキー、井口理

余命10年:特製オリジナルフォト来場者プレゼント

3月19日から2週に渡り、映画の中のワンシーンを切り取った特製フォトカードが、先着順で来場者にプレゼントされることが決定しました。
※先着順で数に限りがあるとおもいますので、欲しい方は早めに行かれることをおすすめします。

写真は、撮影監督の今村圭佑氏が撮影した、ポラロイド加工が施された特製オリジナルフォトカードです。

プレゼントは、春休みに合わせて、第1弾は3月19日から茉莉と和人の寄り添う1枚、第2弾は夏に海ではしゃぐ茉莉、和人、タケル、沙苗の4人の夏の思い出の1枚です。

ここでしか手に入らない特製オリジナルフォトカードなので、ぜひ、プレゼント期間に見に行って、写真を手に入れてくださいね。

映画余命10年のまとめ

余命10年という映画のあらすじと感想レビューいかがでしたか?

病気で余命が短い方を取り上げた映画は数多くありますが、10年間という余命を生き抜いた方の映画は貴重ですよね。

余命の長さがどうかではないとおもいますが、今回の余命10年という映画は、小説の原作者と同じ病気を題材にした映画で、実際に作者も亡くなられているので、色々と考得させられることが多い、とっても奥深い作品だと感じました。

観た人それぞれが感じることは十人十色だとおもいます。
この余命10年は、何か生きるヒントが得られる映画だと感じました。
ぜひ、興味のある方は観ていただけたらとおもいます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました