淡路島おのころ島神社の初詣2023年混雑状況と人数は?駐車場・屋台・アクセス情報も

おのころじま神社 鳥居イベント

おのころじま神社1

2023年、南あわじ市にある【おのころ島神社】に初詣に行ってみませんか?

大きな鳥居が目印で人気の観光スポットですよ。

平日や休日で参拝されている方が多いので、初詣も多くの方が参拝されると
おもわれます。

今回、おのころ島神社へ初詣に行きたいと思っている方のために、

  1. おのころ島神社の基本情報、アクセス情報、駐車場
  2. おのころ島神社の混雑状況、屋台情報

をまとめてみましたので、ぜひご覧になってくださいね。

おのころ島神社の基本情報

おのころ島神社には伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉冉命(いざなみのみこと)を主祭神として、菊理媛命(きくりひめのみこと)を合祀しています。

おのころ島神社が鎮座する丘が、伊弉諾命、伊奘冉命両神による国産み、
神産みの舞台となった自凝島であると伝えられています。

高さ21、7メートルの朱塗の大鳥居は、平安神宮、厳島神社と並ぶ
「日本三大大鳥居」のひとつと数えられています。

おのころじま神社2

おのころじま神社3

大鳥居をくぐると、すぐ右手に社務所があります。お守りやお札などは
こちらで購入できるようになっています。(9時〜17時)

おのころじま神社4

社務所の隣に手水舎があります。

おのころじま神社5

こちらの階段を登ったところに正殿があります。

おのころじま神社6

おのころじま神社7

おのころ島神社は、縁結び、安産の御利益があるようです。

階段を登り切った左手に「セキレイ石」があります。

お祈りの仕方が書かれていますので、パートナーが居られる方も、
居られない方も、良縁のために一度お試しされてはいかがでしょうか?

おのころじま神社8

絵馬もたくさん奉納されていました。

社務所が開いている時間帯(9時〜17時)にお求めくださいね。

おのころ島神社のアクセス方法

公共交通機関で来られる方は、おのころ島神社のホームページ:(https://www.freedom.ne.jp/)のアクセスに詳しく記載がありますので、
参考になさってくださいね。

淡路島内の公共交通機関はバスのみになります。

お正月はお正月ダイヤになると思いますが、本数は少ないと思います。

必ずバス会社さんに問い合わせをされて、時間を調べてから来られることを
おすすめします。

タクシーのご利用を考慮されると良いと思います。

お車で来られる場合は、神戸淡路鳴門自動車道、西淡三原ICを降りて、
アクセスにある地図を参考に行ってくださいね。渋滞がなければ、約3キロ、
6分ほどで到着します。

おのころ島神社の駐車場

おのころ島神社には第1、第2駐車場があります。

大鳥居に向かって右側と大鳥居の前に駐車場があります。

第1、第2駐車場合わせて、約50台停められますが、初詣は混雑が予測
されますので、待ち時間はできるでしょう。

周辺に有料駐車場はありませんので、無料駐車場に並んでいただくことに
なりますので、ご注意くださいね。

おのころ島神社の混雑状況

おのころ島神社の参拝客は約5万人と言われています。

コロナ禍において、参拝者数は減少していると思われます。

今は(2022年10月現在)コロナ感染者数も落ち着いていますので、
2023年の初詣は、混雑するかもしれません。

今後のコロナの状況を見てみないとわかりませんが、例年混雑するのは、
大晦日から元旦にかけての年越しになります。

元旦の早朝、3が日は午前中の早い時間帯がおすすめです。

日中はどうしても参拝客の方が多いので、夕方もおすすめですよ。

https://twitter.com/fun_more_time/status/947709271323566080

2018年1月1日夕方ですが、コロナの流行る前は混んでいますね。

同じ夕方でも、遅めの時間が良さそうですね。

2020年1月3日午後ですが、あまり混んでいなさそうですね。

おすすめの参拝時間帯は、大晦日から元旦にかけての深夜は避けて、
3が日は早朝や午後の遅めの夕方があまり混雑していなさそうなので、
おすすめだとおもいます。

3が日を避けられると、もっとスムーズに参拝できそうですね。

おのころ島神社の屋台情報

おのころ島神社自体が小さいので、社務所の前に少しだけ屋台が
出ています。

淡路島のご当地グルメのピンス焼きもお正月には屋台が出ていました。

2023年もおそらく出店されるとおもいますので、ぜひお試しされては
いかがでしょうか?

2023年は他の屋台も出店されるといいですね。

おのころ島神社2023年初詣のまとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

2023年もコロナの状況がどうなるかわかりませんが、2022年の参拝が
可能だったので、おそらく2023年の参拝も可能だとおもいます。

遠方から参拝を予定されている場合は、おのころ島神社のホームページ:(https://www.freedom.ne.jp/)に問い合わせ先がございますので、
あらかじめ確認をされることをおすすめします。

きっとパワーをもらえるとおもいますので、感染対策をして、ぜひおのころ島神社に初詣に行ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました