温泉寺2023年の初詣はいつまで?混雑や参拝時間は?屋台や口コミまとめ

温泉寺 本堂イベント

温泉寺(おんせんじ)は、阪神間の奥座敷であり観光名所有馬温泉の
街中にあります。

温泉街のど真ん中といってもいい場所にあり、養老4年(720年)に
行基上人が病から人々を救うため開創された由緒あるお寺です。

御利益は、本尊の薬師如来にあやかり子授け、安産、病気平穏です。

温泉街にあるので病を防ぐというのは納得できますね。

そんな温泉寺に初詣に行こうと思っている人に、お正月の初詣の日程や
混雑状況、屋台、周辺の駐車場の情報をまとめてみましたので、
ぜひ参考にして下さいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@gosyuin2020.1.01がシェアした投稿

温泉寺2023年の初詣はいつからいつまで?

名称:有馬山温泉寺

日程:2023年1月1日(日)〜2023年1月3日(火)

参拝時間  8:30 〜17:00
※普段の参拝時間は8:00~16:00

大晦日は、除夜の鐘をつくころから、午前2時までです。

※温泉寺に直接問い合わせた情報です。

温泉寺2023年の初詣の混雑状況は?

元日は、お正月を有馬温泉で過ごそうとする人達が多く、午前中から
結構な混雑が予想されます。

大晦日も除夜の鐘が鳴る頃に、宿泊客が参拝に来られると思われるので、
混雑するでしょう。

特に、コロナの影響でここ2年は年末年始の宿泊客が少なかったのですが、
2023年は行動制限も無いので、例年以上に人出があると予想されるので、
注意が必要です。

参拝の待ち時間はとても寒いので、しっかりと対策をしたいですよね。

モバイルバッテリーにもなる充電式カイロは、一つあると便利ですよ。

温泉寺2023年の初詣の混雑を避けられる参拝時間帯はいつ?

大晦日、元日は混雑するので、避けた方がよいでしょう。

2日以降は、参拝者も少なくなる予想なので、初詣の参拝におすすめですよ。

元日に参拝する場合は、午後3時以降だと幾分参拝者も減り、
狙い目かもしれません。

温泉寺2023年の初詣の屋台はいつまで?

温泉寺に直接問い合わせましたが、正月の屋台は残念ながら出店しないという
ことです。

屋台を楽しみにしていた人は、少し残念ですね。

屋台の出店は無いですが、すぐ近所は温泉街ですので、有馬温泉名物の
炭酸せんべいをはじめ、炭酸せんべいをアレンジしたスイーツや
ジェラート、定番の温泉饅頭もあるので散策がてらぜひ食べてみてくださいね。

温泉寺の初詣へ行った人の口コミを紹介!

良いポイント

・有馬温泉の中心にあるので、宿泊客が初詣する場合、便利な場所にある。
・1月2日に入初式という木像に初湯をかける行事があり、遭遇できればラッキー
です。
・お寺の裏手に外湯の金の湯、銀の湯があり、初詣の帰りに冷えた身体を
温泉で温められるのが良い。

悪いポイント

・屋台の出店が無いのは寂しい。
・車で来る場合、温泉街は道幅が狭く、道を間違えやすく走りにくいので
注意が必要です。

温泉寺2023年の初詣の駐車場情報と交通規制

温泉寺には、専用駐車場がありません。

近くのコインパーキングを利用して下さい。

有料駐車場情報

駐車場名時間料金備考
池之坊有料駐車場24時間平日1時間300円
休日1時間400円
108台駐車可
有馬ロイヤルホテルタイムズ駐車場24時間1日2000円

※温泉寺前に有馬ロイヤルホテルタイムズがありますが、
1日2000円の料金がかかりますので注意して下さい。

有名な観光地ですので、休日や年末年始は周辺道路がかなり混雑しますが、
交通規制はないようです。

温泉街は、周辺道路が狭く入り込んでおり、目的地を探す車を多く見かけるので、
車でこられる方は余裕をもってお出かけして下さいね。

公共交通を利用する場合、神戸電鉄有馬温泉駅から徒歩約10分です。

温泉寺2023年の初詣のまとめ

関西では有名な観光地有馬温泉にある温泉寺の初詣について
まとめてみましたが、いかがでしたか?

温泉街の中心地に位置する温泉寺は、徒歩5分圏内に外湯や土産物屋、
ホテルとまさに観光地にあるお寺です。

毎年初詣には、近隣の商売されている方や、観光業の関係者もたくさん
参拝される地域に愛されているお寺です。

初めて初詣に参拝される方は、少し迷いやすい場所にあるので
気を付けてお出かけして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました