当店の焙煎作法

 

 私に「水とぎ焙煎」を教えて下さったのは、コーヒーコンサルタント「中野弘志」先生でした。 その講習で水とぎをすれば味は格段に良くなる、しかし手間は掛かるので全部でするか一部かはその人の判断である。誰にも真似できない魅力のあるブレンドを創り出す事が最も大事なことであるという事を力説しておられました。

  

 しかし私は開業1年後に全部の豆に水とぎを実施して以来、試行錯誤を繰り返して来ましたが。焙煎のやり方に最大の力を注ぐことが、最も重要であると考えるようになりました。「豆の生(しょう)を生かし切る」こともっとも大事である。ということです。 

     

▲このページのトップに戻る