豆のご紹介

 

「ブレンド」
P1000270.マンデリンブレンド.png

マンデリンブレンド(クリックすると拡大します)200g・・・・1100円

インドネシアのマンデリンG1にかなりの選別を行なってからベース豆とし(ちなみにトバコという最初から厳しいピッキ ングをかけた値の高い豆もあるのですが、これは味の面白味に欠ける嫌いもあります)、これに穏やかさで定評のある南米の豆を加えております。酸味が少なくコクが豊かで万人に好かれるバランスだと思います。

 

P1000373トラジャ2.png

 トラジャブレンド    200g・・・・1100円

インドネシア スラウェシ島のカロシがベースです。これに南米の豆を加えてバランスを取っております。両豆ともイヤな要素欠点の少ない豆ですので、非常に当たりの柔らかい優等生の珈琲です。

 

P1000327オルソン1.png

有機ブレンド オルソン  200g・・・・1200円   

若い方の要望で目立つ苦味と酸味の少なさを追求して作って見ました。アフリカ、南米、南米の三種ブレンドです。アク抜き焙煎が生きた心地よいシッカリした苦味と、豊穣なコク味が強い魅力になっています。

 

P1000327オルソン1.png

フレンチ  EMTU  200g・・・・1200円   

三種類の豆をブレンドしたアイス、エスプレッソ用の豆です。混合が非常にバランスよくまとまっているのが特長です。

 

P1000340ルチア1.png

ブレンド オルトフォン   200g・・・・1200円 

ニューギニア シグり の重厚さをベースに2種のアフリカ豆

スッキリ感心地よい苦を加えています。

 

P1000340ルチア1.png

ブレンド ウェスタ−ンE.  200g・・・・1200円 

ルワンダ農園物の優美な薫りに、シグリと中米の豆の

コラボが重層的なコクの厚みを加えています。

 

 

「ストレート」

P1000274有機コロンビア.png有機 コロンビア   200g・・・・1150円
コロンビア サンタマルタ の「ヒロカサカ農園」のJAS有機/RA豆です。大粒なティピカ種豆で素晴らしい芳香アロマが 最大の特徴ですが、想像以上にコーヒー風味の色が濃くパンチのある豆です。
アク抜き焙煎で灰汁成分の焼成したニオイが出ていないので、
柔らかいコーヒー本来の薫りのみが際立っていて素敵です。 

 

P1000322きりまん2.png

キリマンジャロ   200g・・・・1150円

 アフリカ大陸を代表する銘柄です。殆んどのコーヒー豆店で扱いが有りますから、他と較べていただくと「水とぎ・ダブルロースト」の特徴が良くお分かりいただけるのでは。くっきりとした強めの酸味と香り、存在感のあるコクが特長です。

 

P1000257モカ.png

エチオピア モカ    200g・・・・1150円 

中野弘志先生の「モカはイルガチェフに限る」 との言葉に導かれ、ずっとエチオピア イルガチェフ村のモカを使用して おります。店での経験では、長年コーヒーを愛好して来た方の中には熱烈なファンが多数いらっしゃる一方、若い方には酸味を嫌われる人もいます。そういう 意味では個性ッキリした豆とも言えます。ただ水とぎをかけますと 非常にかどが取れた円満な味になりますので、今まで飲んだことがないモカだとおっつしゃる常連様は多数いらしゃいます。以外としっかりしたコクがある豆です。 

 

P1000281有機グァテマラ.png

有機 グァテマラ  200g・・・・1200円          

有名な湖アティトラン周辺の幾つかの農園で構成する 農業協同組合からの輸入豆です。水とぎに際しての浸透圧調整法の効果が最も 出たと言える豆でしょう。元々の中庸なバランスの万人に好かれる風合いに、生き生きとした味の発現が加味され。どのような好みの方 にも第一にお勧めできる銘柄となりました。 

P1000260.有機グァテマラフレンチ.png

有機グァテマラ フレンチ 200g・・・・1200円

 アイス、エスプレッソ用のフレンチ豆として新しくラインアップしました。ストレートらしくスウーッと 喉をとおるフレンチです。気品のある豊かな薫りを感じていただけると 思います。 

P1000260.有機グァテマラフレンチ.png

 ケニア シティ   200g・・・・1200円

ルイス グラシア農園のスペシャルティ豆です。コクに何ともいえぬ厚みがあり、それが大きな魅力となっています。ミディアムローストより深いローストの方がパンチのある味になるようです。

 

P1000260.有機グァテマラフレンチ.png

カフェインレス  コロンビア スプモ 200g・・・・1200円

 「水に浸す」のを5分にし軽めの「水研ぎ」で処理しています。よくデカフェは面白味がないと言われますが。この豆は十二分に「魅力のあるコーヒー風味」に仕上がっています。

▲このページのトップに戻る